包茎治療後、劇的な変化が訪れました

包茎治療をして良かった事、それは正常たる体になったという事よりも、精神的な負担が無くなったという事の方が、私の中では大きかったように思います。
包茎である事を日々悩み続け、その姿を他人に見られないように気遣うのは、とても大変なことです。
同性との裸の交流となる場、修学旅行や社員旅行でのお風呂というシチュエーションは、治療をするまでは、何とか避けたいとばかり考えてきました。
男同士ですから、包み隠さず体を洗ったり、お風呂に浸かったりするのは当たり前です。
そんな中で一人だけタオルでアソコを隠していようものなら、かえって注目を浴びてしまうので、隠すことはできませんでした。
それでも他人の視線を恐れ、皆の視線がよそに向いているのを見計らって行動したりしてきたのですが、これでは、気が休まるお風呂でありながら、かえって気苦労で疲れてしまうのです。
これが解消されただけでも、包茎治療をして良かったと思ったのですが、その後、自分が変化していく姿には驚きました。
負い目を感じる部分がなくなった事で、女性とも積極的に接することができるようになり、これまでできなかった、もしかしたら作ろうという気がしなかった彼女までゲットする事ができたのです。
当然、関係が深まっていけば、セックスすることになります。
これこそ、包茎であった時代に恐れていたシチュエーションなのですが、治療後は、楽しみとワクワク感しかありませんでした。
相手の反応を気にするのは、彼女の私のムスコに向けられる視線ではなく、気持ち良いと思ってくれているのかです。
これこそが正常な形、包茎治療を受けて最も良かったと思えるひとコマです。